VS 2008 で VSTO プロジェクトを使いたい

こんにちは、奥田です。

Visual Studio 2008 で VSTO(Visual Studio Tools for Office) プロジェクトを使う場合、インストールの順番を気をつけないと、VSTO プロジェクトが開かない!デバッグ実行できない!なんてことが起こってしまいます。
 
順番
1. .NET Framework 3.5 インストール
2. Office 2007 を完全インストール
3. Visual Studio 2008 をインストール
 
.NET Framework 3.5 をインストールしてから Office 2007 を完全インストールすることで COMアプリケーションとマネージドコードの橋渡しをしてくれるプライマリ相互運用機能アセンブリ(PIA)がインストールされます。これがないと、デバッグ実行ができないので注意です。
 
このプライマリ相互運用機能アセンブリのインストールの問題はVS2008/VSTO に限らず、以前のバージョンでも発生していました。Visio2003 と VS2003、VSTO を例にとって msdn blog の Visio ブログでも紹介されていますので、そちらもご参照ください。
 
http://blogs.msdn.com/visioj/archive/2005/03/01/382225.aspx
 
アプリケーションの修復からも PIA をインストールし直すことができるようですが、PIA を利用するときは .NET Framework をインストールした後に Office のインスールするという順番に注意したほうが良さそうですね。
 
奥田理恵

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中