バーチャル ラボの利用手順 – SharePoint Server 2007

前回の投稿の続きになります。
マイクロソフト様のバーチャル ラボをご利用いただくための要件は以下になります。(msdn バーチャル ラボ ルームから引用し、独自に補足を付け加えました。)

マイクロソフトサイトの「MSDN バーチャル ラボ:使用上のご注意」のリンクはこちらになります。

オペレーティング システム
Windows 2000
– Microsoft Windows XP
– Windows Server 2003
– (弊社にて確認) Windows Vista

Web ブラウザ
– Microsoft Internet Explorer 6 またはそれ以降 (FireFox でのご利用はできません)
– Cookie の有効化
– ActiveX コントロールの Microsoft Virtual Server VRMC Advanced Control のインストール
(一度 ActiveX VRMC をインストールすれば次回からインストールする必要はありません)

ファイアウォール
– ポート 443 番が開かれていること (80番とともに開いていることが多いですが、企業内 LAN からのご利用で接続に問題がある場合はネットワーク/システム管理者様にご確認ください。)

PC
– 1024 x 768 以上の解像度を持つディスプレイ
– 日本語キーボード

その他
– Adobe Acrobat Reader (トレーニングマニュアル等、PDF ファイル形式でご提供しております。)
– Windows Live ID (旧 .NET Passport ID)
*) 現在お使いの会社や個人の Email アドレスを Windows Live ID として登録することが可能です。
以下のリンクのページよりお使いになられている Email アドレスの Windows Live ID への登録とプロファイル作成、または Hotmail/Live Email アドレス作成、ID 登録とプロファイル作成を事前に行っておいたほうがスムーズにバーチャル ラボをご利用できます。

http://www.microsoft.com/japan/mscorp/passport/default.mspx

以上の条件がそろっていればバーチャル ラボを利用することができます。バーチャル ラボの占有時間は 90 分です。なお、状態の保存はできないことに注意してください。

バーチャル ラボ利用手順

1. Microsoft Office SharePoint Server 2007 バーチャル ラボのページからバーチャル ラボのリンクをクリックします。
[開発者のための Microsoft Office SharePoint Server 2007 自習書(カスタマイズ概要編)] などのリンクが該当します。

2. [イベントの登録] をクリックします。バーチャル ラボはお客様個人へのオンライン イベントとして扱われるためです。

vl01 

3. サインインするために Windows Live ID として登録されているメール アドレスと、Windows Live ID として登録したパスワードの入力を求められます。それらを入力して [サインイン] をクリックします。

vl02 

4. [イベントの登録] 画面になります。上下いずれかの [登録] ボタンをクリックします。

vl03 

5. バーチャル ラボの利用がオンラインイベントとして登録されました。[Enter] ボタンをクリックします。

vl04 

6. [バーチャル ラボ] のページが表示されます。IE のシステムチェックが行われます。Virtual Server VRMC Advanced Control プラグインがインストールされていないと以下のような警告がでます。警告が出た場合は [こちらからインストールしてください。] のリンクをクリックします。

vl05 

なお、すべてのシステム要件がクリアされていると以下の画面が表示され、バーチャルサーバーに接続します。
この場合は手順 7 番から 9 番はスキップしてください。

vl30

7. ActiveX コントロールのインストールを行います。ツールバーの下に表示されたインフォメーション・メッセージをクリックして、ポップアップメニューより [ActiveX コントロールのインストール] をクリックします。

vl06a 

[セキュリティの警告] ダイアログが表示されます。[インストールする] をクリックします。

vl07 

8. インストールが完了すると緑の[インストール完了]サインが表示されます。その下の [このウィンドウを閉じて、セットアップに戻る。] リンクをクリックします。

vl08 

9. ActiveX のインストールを行ったりすると、オンラインイベントがタイムアウトすることがあります。以下のようなメッセージが表示されたら、サイドメニューの [バーチャル ラボ ホーム] をクリックして、一度 ホームに戻り、1から6番までを繰り返してください。

vl10a

以下の画面が表示されたら、[バーチャル ラボを開始] をクリックします。

vl31

10. 以下の [NTLD Authentication] のダイアログが一番上に表示されることがあります。次の手順で表示される画面上に説明がありますが、このダイアログが表示されたら [Yes] をクリックしてください。

vl12  

11. バーチャル ラボ使用のための説明画面が表示されます。一通りご確認いただいたら画面下の[閉じる]をクリックしてください。

vl13

12. バーチャルサーバーのデスクトップが表示されました。

vl14 

VRMC 内でのデスクトップの大きさは [コントロールパネル] の [画面] より変更可能です。お使いになられている PC のディスプレイに合わせて、使いやすいサイズに変更してください。

13. 自習書・手順書のマニュアルを事前にダウンロードしてなかった場合は、右側のサイドメニューの [ラボ マニュアル] をクリックします。別ウィンドウでトレーニングマニュアルをダウンロードすることができます。

 vl20

14. 手順に従って操作することにより、以下のように SharePoint Server を立ち上げ、テスト用のサイトを作成することが可能です。

vl16 

15. バーチャル ラボを終了するには右側のサイドメニューより [バーチャル ラボの終了] をクリックし、終了確認のダイアログで[OK]をクリックします。

vl21

16. 匿名、登録名どちらかでもアンケート記入が可能です。

vl22

vl23

これでバーチャル ラボは終了です。

17. Windows Live ID でサインインした状態であれば、左側のサイドメニューの [マイイベント] をクリックし、画面の [履歴] タブより過去に利用したバーチャル ラボの項目を確認することもできます。

vl24   

このようにバーチャル ラボの環境を使って SharePoint Server を使うことができます。この環境は手順以外の操作にも対応していますので、SharePoint Server 2007 で実際にテストしてみたかったこと、手順・自習書以外の他のオプションやメニュー、操作、動きの確認なども可能です。

是非、ご活用ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中