InfoPath 繰り返しテーブル内に自動採番

こんにちは奥田理恵です。今回もお客様にご質問いただいた内容ですが、InfoPath の繰り返しテーブル内に自動的に番号を振る方法です。

 

<完成イメージ>

 

設定方法

1.      繰り返しテーブルの番号を自動的にふりたいフィールド (完成イメージだと ID) をダブル クリックして [テキスト ボックスのプロパティ] を表示する
(ID
フィールドのデータ型は整数としています)

2.      既定値 の [fx] をクリックし、[数式の挿入] ダイアログボックスを表示する

3.      [XPath を編集する(上級)] をオンにして、次の数式を記述し、OK をクリックする

count(../preceding-sibling::my:fields) + 1

my:fields の箇所は繰り返しグループを指定します。

 

これで完成です♪

 

InfoPath ではフィールドや関数を組み合わせることでさまざまな数式を既定値として利用できますよね。標準でもさまざまな関数が用意されていますが、やりたいことが標準搭載の関数でできない場合にも、[XPath を編集する(上級)] をクリックし、XPath XSLT 関数を組み合わせて数式を記述することも可能です。

 

以上、久しぶりの InfoPath ネタでした。

 

奥田理恵

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中