マイクロソフト公式解説書「InfoPath2007とSharePoint Server2007によるフォーム活用」

以前ご紹介したマイクロソフト イノベート オン プログラムの SharePoint Developers Forum で「InfoPath2007とSharePoint Server2007によるフォーム活用」のセミナーをご案内いたしました。おかげさまでセミナー登録開始から数日で満席になったと聞いております。また、今回、満席にて登録できなかった方には申し訳なく思っております。

実はこのセミナーは以下の書籍の発売と連動しておりました。

OBA実践講座 InfoPath 2007 と SharePoint Server 2007 によるフォーム活用
(マイクロソフト公式解説書) 日経BPソフトプレス 3,360-

こちらは弊社トレーナーそして InfoPath MSMVP である奥田が執筆しております。
電子フォームソリューションのためのツールとして InfoPath が紹介されますが、たまったフォームのデータを再利用することを考えれば、SharePoint Server 抜きにトータル・ソリューションは語れません。フォームライブラリーに InfoPath フォームを蓄積し、SharePoint のライブラリーの機能や Web パーツの機能を使ったフォーム管理は簡易的なアプリケーションとして利用することが可能になります。SharePoint にフォームを蓄積することを念頭において、InfoPath の開発と利用を考えることで、その使い方のアイディアが広がります。

SharePoint をすでにお使いの方はこちらの書籍で InfoPath の可能性をご理解いただければと思いますし、InfoPath をお使いの方は SharePoint (WSS でもいいんですよ)との連携がさらに InfoPath の強みを生かし業務に適用できることを感じていただければと思います。

もちろん、この書籍の内容が網羅されている以下のハンズオン トレーニング コースもお薦めですよ!

クリエ・イルミネート オリジナル ハンズオン トレーニング
InfoPath2007とSharePoint Server2007で行う業務効率化テクニック

今年は、2009年7月2日(木)、2009年10月6日(火)、2009年12月15日(火)の開催が予定されています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中