Office 2010 と SharePoint 2010

限定的ですが、ついに Office 2010 のテクニカルベータプログラムがはじまりました。
完全招待制なのでだれもが Office 2010 テクニカルベータに参加できるわけではありませんが、情報などはさまざまなところで垣間見ることができるようになりました。
クリエ・イルミネートもこのテクニカルベータに参加することができて、これからいろいろと検証作業をすることになるでしょう。(実質は、、、TechEd が終わってからでしょうね)

まだテクニカルベータの段階ですから、その機能や名前が出荷までにどうかわるかわかりませんが、おや?と思うのは以下のサイトからもわかるように “the 2007 Office system” という呼称から “Office 2010” というシンプルなものにかわったこと。見慣れた名称にもどった、、、と感じられるかもしれません。

http://www.office2010themovie.com/

もうひとつ、おや?と思うのはこれまで MOSS (Microsoft Office SharePoint Server) と呼んでいた SharePoint Server ですが、2010 では Office の名前が消えていますね。Microsoft SharePoint 2010。実は Office 2010 のテクニカルベータと同時に 2010 対応の数々のサーバーもベータ版が公開されています。クライアントソフトの Office 2010 の情報は今回のテクニカルベータの開始でおおよそブログや Web サイトなどでのスクリーンショットの公開制限などは緩和されましたが、サーバーの機能などについては NDA(機密保持契約)のもとベータテスターが一般に公開することはできません。それでも、以下のサイトで新しい SharePoint 2010 の UI や機能、Office との連携を知ることができます。

http://sharepoint.microsoft.com/2010/Sneak_Peek/Pages/default.aspx
(上記の Web ページを閲覧するには Silverlight プラグインが必須です)

Visio Services や Business Connectivity Services の紹介をみると、SharePoint の使われ方が「企業内に存在するデータを利用するプラットフォーム」に大きく変貌しそうな予感を感じます。ドキュメントライブラリーがドキュメント「フォルダー」でない理由がそこにあったり、Office 2007 (もしくは 2010) クライアントの「ドキュメント情報パネル」の SharePoint 連携による重要性がさらに高まりそうな、そして、それによってユーザーの使い勝手がよくなりそうな印象を受けます。

そういう意味では今後の Office クライアントは「デスクトップ・パソコンのソフトウェア」としての Office の使い方だと、巷でいわれるような「Office の新しいバージョンはいらない」といわれるかもしれませんが、少なくとも私たちがお邪魔させていただくような企業のお客様においては「企業で使うオフィス」「ビジネスでの(他の社員やパートナーとデータを共有するような)オフィス」を考えたとき、Office に含まれるデータを企業ですばやく活用できるか、Office に取り込むべきデータを手作業で入力するのではなくサーバーから取得できるか、そして、そのデータの活用を考えたときにクライアント・ソフトウェアとしての Office を使いこなせるのか、といった観点で Office や連携するサーバーの評価、活用方法を考えるべきだと思います。

ただ、これだけ新機能が多いと、クライアントのみならずサーバーも含め、それらすべてを学習して、その中から企業・組織にとって必要な機能やサーバー連携の仕組みをピックアップするのも正直かなり大変です。

2010 に限らず、2007 においても同様のことが言えます。ちまたでの Office 製品の比較は Office 単体(Excel/Word..) の比較でしかありません。(MS も含めて、、、なんですけどね)SharePoint Server なども含めた Office system 製品群による活用方法は「え、こんなことできたんだ!」というもの、気付きが今でもあるのです。

それは現在弊社にはサーバー側、クライアント側、開発者視点、管理者視点、ユーザー視点といったそれぞれのエリアのプロのトレーナーがいて、常々情報交換しているからに他なりません。暗黙知の共有が現在はうまく作用しているともいえます。

それら、企業で使われるだろう「活用方法」を提示し(これを弊社ではトレーニングといいます)、お客様の Office 活用計画作成の時間を短縮し、業務にそったより具体的な方法を一緒に模索し、理解する(これを弊社ではワークショップといいます)ことを今後も続けていきたい、、、と Office 2010 テクニカルベータに参加して思うのでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中