InfoPath 2010 OverView

こんばんは 奥田です。

以前 2010 情報もブログでご紹介していきます! といったきり、その後も 2007 情報ばかり書いていましたが・・・

そろそろ本当に 2010 情報を、ということで第 1 弾は InfoPath です!

 

InfoPath 2010 なにがどう変わっているのか。(まだベータですが。)

単体での新機能ももちろんあるのですが、私的に一番大きなポイントは SharePoint 連携面の強化だと感じています。

 

InfoPath 2003/2007 バージョンともに、単体での活用シナリオもなくはないですが、やっぱり SharePoint と連携してフォーム ライブラリを使うからこそ入力後のデータの共有・活用ができてうれしいアプリケーションだと思います。

また SharePoint サイト内に入力フォームを作成しようと思うと、標準ではリストしかありません。リストの入力画面は入力しやすいとは言い難いですよね、、

SharePoint サイト内にリッチな入力フォームを用意したいとなると、本格的なカスタマイズはなかなか簡単にはできませんが、InfoPath + フォーム ライブラリが手軽でいい代替手段として使えます。

 

2010 では SharePoint との連携機能がさらに強化されており、InfoPath + フォーム ライブラリの活用だけではなく、InfoPath を使ってリストの入力画面のカスタマイズができるようになっています。

リストの入力画面についてよくある要望は、下記のようにいろいろとあげられると思いますが、

    別サイト内にあるデータや外部データソース上のデータを参照したい。。

    単なる必須設定ではなく、条件に応じた必須の設定がしたい。。

    入力内容によって、その後の画面が動的に切り替わってほしい。。

    入力チェック機能をつけたい。。

    入力項目が多いので、グループ化して表示したい。。

    そもそもキレイな入力画面がほしい。。

全部 InfoPath で解決ですよね。

 

またそのほかにも InfoPath 2010 を使って SharePoint 2010 サイトのカスタマイズが行えるところもあります。

    ドキュメント情報パネルのカスタマイズ (これは 2007 でも可)

    SPD で作成したワークフロー内フォームのカスタマイズ (2007 のときは VS で開発したワークフロー内に InfoPath で作成した開始フォームなどを組み込むことは可)

    InfoPath フォーム Web パーツを使って、ブラウザ対応 InfoPath フォームを Web パーツ内に表示

 

InfoPath 2010 は、

・ これまでのようにフォームのデザイン・入力ツールとして

SharePoint サイトのカスタマイズツールとして

2 つの用途を持ち、ますます SharePoint サイトでの活用シーンが増えそうですね。

 

奥田理恵

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中