Office 2010:PowerPoint 2010 のスマート ガイド

Office クライアントを担当している石田です。
ほかにもいくつか blog や連載等をやらせていただいているため、こちらには投稿してきませんでしたが
Office 2010 のコンテンツ作成の過程で知ったことなどを、少しずつ書いていこうと思います。
よろしくお願いします。
 
私が担当しているのは、SharePoint を中心とした Office クライアントの利用ももちろんですが、
クライアント製品自体をどう使うか、といった利用と活用に関する部分も多くあります。

基本的に技術者の方向けの内容が多い弊社の blog ですが、Excel や Word、PowerPoint などについても参考にしていただければと思います。

 

今回は初回なので本当に軽めに、、、大物?な目玉機能は、Office Online などにも載っているので、
大きな変化ではないけれど、これは便利!と思った機能について書きます。
 
---
 
■PowerPoint 2010 のスマート ガイド
 
PowerPoint 2010 では、既定で [図形の整列時にスマート ガイドを表示する] という設定が有効になっています。
 
この機能が有効になっていると、複数の図形をスライド上に配置するときに役立ちます。
 
 
 
下図では、水色の四角形の近くに、黄色の楕円をドラッグしています。
上、中心、下のどのラインに合わせるのかが、スマート ガイドで表示されます。
すべてを配置してから、図形の整列機能を使って整えなくてもよいのです。
 
 
 
スマート ガイドは、[図形] 機能で描いたオブジェクトだけでなく、クリップアートや挿入した画像などの場合も表示されます。
 
そして、図形と図形の接点となる位置にもスマート ガイドが表示されます。
たとえば、クリップアートなどには、無色であったとしても背景の領域があります。
下図のようにサーバーの絵の近くにフォルダの絵をドラッグすると、中心などのラインだけでなく、縦のラインも表示されています。
これは、2 つの図形の接点となるラインです。2 つの図形を選択してハンドルを表示するとわかりやすいと思います。
 
 
もちろん、縦のラインも表示されます。
 
 
無理やりガイドの位置に移動されてしまうといった強制力はないので邪魔にもなりません。
ちょっとしたことですが、役に立ってくれそうな機能です。
 
*上記の操作はベータ版にて行っています。変更の可能性があります。
 
---
石田 かのこ 
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中