PowerPivot for SharePoint データ更新時に Excel ファイルが壊れた

こんにちは、奥田です。久々の投稿です。

PowerPivot for SharePoint 利用時に遭遇したエラーについてです。
PowerPivot for Excel で作成したファイルは PowerPivot for SharePoint を利用することで、PowerPivot ギャラリーに発行して共有できます。その際にバックエンドとのデータ接続更新を自動的に行うようにスケジューリングする機能があります。自動更新機能を利用すると、更新されたあと Excel ファイルが破損して開かなくなっちゃいました。。。

データ更新は「成功」となっているのに、Excel ファイルが壊れてしまう。。。
しかもデータ更新が成功になるので、エラーもでなく・・・
pp1

Web で検索しても解決策はなかなかみつからなかったのですが、
Connect にフィードバックがありました。http://connect.microsoft.com/SQLServer/feedback/details/550924/powerpivot-for-sharepont-data-refresh-causes-a-damaged-book

その中に、「In Japanese environment, PowerPivot for SharePoint data refresh causes a book damaged. 」という記述が。またコメントに「This item has now been resolved as Fixed. 」とあったので、SQL Server 2008 R2 の最新 CU をあてたところ、自動データ更新後も Excel ファイルは壊れなくなりました。

以上、PowerPivot for SharePoint 利用時の注意点でした。

奥田理恵


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中