InfoPath によるリスト フォームカスタマイズ Tips [Web サービス、REST サービス接続を利用する]

フォーム カスタマイズ時に利用できる InfoPath の Tips 紹介第 3 弾です。

SharePoint Server 2010 で、リスト フォームを InfoPath を使ってカスタマイズを行う際に、フォーム内で Web サービスや REST サービスへのデータ接続を利用したい場合、データ接続は UDCX を利用する必要があります。

前回の投稿で、ブラウザー対応フォームでサービスへのデータ接続を利用する場合の注意点としてご紹介させていただきましたが、リスト フォームを InfoPath でカスタマイズを加えたときにも InfoPath Forms Services が利用されていますので、同じことですねー。

 

奥田理恵

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中