トップページに配置したお知らせ Web パーツの表示形式 変更 その2

前回の投稿の続きです。
リストの Web パーツをトップページ内に貼りつけた場合、標準では [タイトル] 列のみがアイテムの表示画面へのハイパーリンクにできますが、SharePoint Designer 2010 を利用してその他の列もリンクにする方法について前回の投稿でご紹介しました。

今回は日付列の表示形式の変更方法についてです。

次図のように、日付列の内容が表示されているリスト Web パーツがあるとします。
 listview2-1

1. SharePoint Designer 2010 でそのページを開きます。

2. 日付が表示されている列 <td> タグを右クリックし、[挿入] – [列(右)] をクリックします。
   listview2-2

3. 列 <td> が追加されるので、その中に [データソースの詳細] 作業ウィンドウから [作成日時] など日付列を
   ドラッグ アンド ドロップして配置します。
    listview2-3

4. 追加した日付列の値を右クリックし、[数式の編集] をクリックします。
    listview2-4

5. [数式の挿入] ダイアログが開くので、次のように FormatDate 関数を利用して日付の表示形式を指定します。
  ・
元の数式: $thisNode/@Created (作成日時列の場合)
  ・
編集後の数式:ddwrt:FormatDate(string($thisNode/@Created),1041,3)
  listview2-5

6. もともと表示されていた作成日時列を列単位で削除し、ページを上書き保存

以上の手順で、日付の表示形式を FormatDate 関数で変更できましたRed rose
 listview2-6

奥田理恵でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中