SharePoint 2013 Preview NodeRunner.exe メモリーリーク

SharePoint 2013 Preview 検証環境がなにやらものすごく遅く感じ、タスクマネージャーを見てみると、Office 2013 component の noderunner.exe がものすごく多くのメモリーを消費していました。

TechNet Blog に次の記載がありましたので、URL ご紹介したいと思います。

・ SharePoint 2013 Preview – Hungry search service
http://blogs.technet.com/b/mpriem/archive/2012/09/05/sharepoint-2013-preview-hungry-search-service.aspx

要約すると、SharePoint Server 2013 Preview には Enterprise Search Services のプロセスである noderunner.exe にはメモリリークを引き起こすコードが含まれている。現時点での解決策は下記設定を行うとのこと。

1.SharePoint 管理シェルで実行

    Set-SPEnterpriseSearchService –PerformanceLevel Reduced

2.noderunner.exeの構成ファイルを編集

C:\Program Files\Microsoft Office Servers\15.0\Search\Runtime\1.0\noderunner.exe.config をメモ帳等エディターで開き、<nodeRunnerSettings memoryLimitMegabytes=”0”/> のタグを探し、memoryLimitMegabytes=”250” に変更

3.サーバー再起動

 

さて、この設定を行いどれくらい変わるか、試してみようと思います。。
他のところにいやな影響でませんように。。

奥田理恵 うさぎ

広告

SharePoint 2013 Preview NodeRunner.exe メモリーリーク」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: オンプレミスのSharePoint2013 NodeRunner.exeのせいでめっちゃ遅い : Exceedone Technical Knowledge

  2. ピンバック: オンプレミスのSharePoint2013 NodeRunner.exeのメモリ使いすぎのせいで、Visualt Studio2012の動作がめっちゃ遅い : Exceedone Technical Knowledge

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中