Excel 2013 新機能 Overview (SharePoint 連携も)

さて、Office & SharePoint 2013 Preview シリーズ第1弾は Excel です。

  Excel はスプレッドシートを活用してデータ管理と分析を行うためのものですよね。フォームを作成して入力フォームとして利用されることも多いですが、やはり王道 Excel はスプレッドシートとしての利用です。2013 の新機能もやはりデータ接続まわり、データ分析まわりの機能がほとんどです。

ということで、まずは [データ] タブから。

● [データ] タブ
接続先としてサポートされているのは、2010とほぼ同様ですが、[OData データ フィードからの選択] と [Windows Azure Marketplace から選択] が追加されています。
Ex13_1

● PowerPivot 標準搭載
また 2010 では PowerPivot for Excel というアドオンを合わせて利用することで、標準では作成できないデータ接続を作成したり、別々のシステムからデータ接続して取得したデータを PowerPivot 上でリレーションを作成し、ピボットテーブルでデータ分析!といったことができました。PowerPivot は Excel 2013 Preview では標準搭載となっているようです。既定では表示されませんが、アドオンを有効にすると [POWERPIVOT] タブが表示され、PowerPivot ウィンドウを起動して BigData に対応したインメモリー多次元データベースの作成が行えます。

1.[ファイル] メニュー – [オプション] を開く
2.[アドイン] を選択し、[COM アドイン] の [設定] を開く
[Microsoft Office PowerPivot for Excel 2013] を選択
Ex13_2

3.POWERPIVOT タブが表示される
Ex13_3

では続いて、データ分析やデータ加工面での新機能についてです。

● おすすめグラフ、おすすめピボット テーブル
グラフやピボット テーブルにしたいデータ範囲を指定して、[挿入] タブ内の [おすすめグラフ] や [おすすめピボット テーブル] をクリックすると、データ内容よりいくつかグラフやピボットテーブルの候補を表示してくれます。あとは好きなものを選択するだけで、これまでよりもさらに簡単にグラフやピボット テーブルを作成できる!という機能ですね。

Ex13_4

Ex13_5

● ピボット テーブルでタイムライン
2010 からピボット テーブルではスライサーが利用できるようになりました。同じくデータフィルターを行うためのコントロールとして、タイムラインも追加されてます。Excel Services にも対応しているようです。

Ex13_11

● クイック分析ツール
データ範囲を選択するとクイック分析ツールが利用できます。クイック分析ツール内に表示される [書式] [グラフ] [合計] [テーブル] [スパークライン] タブを切り替えると、リボン内のメニュー操作を行わなくても簡単に分析のためのさまざまな表示を設定できます。

Ex13_6

● グラフ編集機能
グラフを作成後、データラベルを追加したり、軸を切り替えたりする作業もグラフ編集のサポート機能によってこれまでよりも簡単に行えそうですね。行えることは 2010 とほぼ同じっぽいですが、リボンからあちこち作業するよりもわかりやすいし、操作もラクです♪ (あれ??リボンになったときはメニューがリボンにまとまってラクになったって言ってた気がしますが。。さらに直観的になったということで)

Ex13_7

おすすめグラフ、おすすめピボットテーブル、クイック分析ツール、グラフ編集機能も全部なくてもグラフ作成・編集が行える既存機能を便利に使うための新機能ですが、タブレットや Phone を利用した際に、指で操作することを意識した機能のように思えます。

● PowerView 標準搭載
そして! データ加工機能の大型新機能といえば、PowerView の標準搭載です!以前は SQL Server 2012、そして SharePoint で利用できる機能でしたが、Excel 2013 Preview では Excel 標準機能として搭載されています。こちらも PowerPivot と同様でアドオンを有効にする必要があります。(あとクライアント環境に Silverlight インストールも必要です)

1.[ファイル] メニュー – [オプション] を開く
2.[アドイン] を選択し、[COM アドイン] の [設定] を開く
[Power View] を選択
Ex13_8

3.データを選択し、[挿入] タブを開くと [パワー ビュー] ボタンが利用できる

Ex13_9

4.パワービューを利用するためのワークシートが開き、パワービュー機能を利用したビジュアルなレポート作成を

Ex13_10

● ファイルの開き方
あっあと、私が地味に便利だなーと思ったのが、複数 Excel ファイルを開くと別ウィンドウで開くこと!複数ディスプレイを利用して作業してるときにとってもとっても便利です。

● 新関数
関数もいくつか追加されているようです。

参考 Excel 関数
http://office.microsoft.com/ja-jp/excel-help/HA102752955.aspx?CTT=5&origin=HA102809308#_Toc309306719

ENCODEURL 関数 URL 形式でエンコードされた文字列を返します。
FILTERXML 関数 指定された XPath に基づいて XML コンテンツの特定のデータを返します。
WEBSERVICE 関数 Web サービスからのデータを返します。

では続いて SharePoint 2013 Preview との連携機能についてです。

● Excel Services
SharePoint と Excel 連携といえば、Excel Services です。こちらについては大きな新機能はなさそうです。これまでと同様に Excel で作成したデータを Web 上でインタラクティブ操作可能な Web アプリとして表示してくれる機能です。PowerPivot や PowerView など Excel 自体の機能が強化されているため、さまざまな機能を活用したレポートを SharePoint 内に Web アプリとして提供できそうですね。(あいかわらず iqy ファイルのデータ更新がサポートされていないところが気にイリマセンが。。)

1点大きな違いは、ピボット テーブルについては、ブラウザー上で分析軸を変更したりピボットテーブル内容を変更できるようになっています。

Ex13_12

● 外部リストの Excel エクスポート
SharePoint と Excel 連携といえば、2つ目にあげられるのがリストの Excel エクスポート機能です。リスト/ライブラリに蓄積されたデータは Excel エクスポート機能を利用してクロス集計や印刷に適した加工が Excel 上で行えます。この機能が外部リストにも対応されています!

● Excel Services へのプログラム アクセス
2010 では Excel Services のデータにプログラムからアクセスする際には、Web サービスやクライアント サイド オブジェクト モデルが利用できました。2013 ではそれに加えて、Excel Services のテーブルデータを oData でアクセスできる機能が追加されています。より Excel 内のデータにアクセスしやすくなっています。

http://SiteURL/_vti_bin/ExcelRest.aspx/LibraryPath/***.xlsx/OData/TableName

● App for Office の社内設置型カタログ
シリーズ最後のほうで記事を UP しようと思っていますが、Office 2013 のかなり大きな新機能は新しい開発モデルである App for Office です。App for Office はアプリストアがあり、そこからダウンロードしてアプリを利用できる新しいモデルです。

Excel 2013 Preview も App for Office により開発されたアプリを利用でき、 [挿入] タブの [Office 用アプリ] ボタンをクリックで、アプリストアにアクセスできます。パブリックなストアだけではなく、社内公開用のアプリカタログも用意できるようになっており、社内用のアプリストアは SharePoint 上に作成できるようになっています。

Ex13_13

以上! 第1弾 Excel 編でした。 次回は Word な予定です。

奥田理恵 うさぎ

広告

Excel 2013 新機能 Overview (SharePoint 連携も)」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: Office 2013 Preview 新機能 Overview と SharePoint 連携シリーズ 書こうかな。 « クリエ・イルミネート ブログ

  2. ピンバック: Office 2013 新機能 Overview と SharePoint 連携シリーズ 書こうかな。 « クリエ・イルミネート ブログ

  3. ピンバック: Office 365 Access Services で作成された Azure SQL database を Excel で使う | クリエ・イルミネート ブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中