Windows 8 & Office 2013 -リボンの表示オプション-

石田です。

毎日 Windows 8 と Office 2013 にていろいろと試していますので、

旧バージョンとの比較を含めたエンド ユーザー目線での機能や使い方などを書きます。

 

■Office 2013 のリボンの表示

Office 2007 から利用しているリボンですが、少しずつ進化しているみたい。

タッチ操作のことを考慮したり、「見る」「読む」ということに重点をおいていたりするのかもしれませんが、

Office 2013 のリボンは、表示オプションに 1 つ追加があるようです。

 

Office 2007 と 2010 では、展開か折りたたみ (タブ名だけが表示されている状態) かのいずれかでしたが、

Office 2013 は、[リボンを自動的に非表示にする] に設定することでタブ名も非表示になる全画面表示にして、

必要なときにだけ、リボンを表示できます。

 

[リボンの表示オプション] をクリックして [リボンを自動的に非表示にする] をオンにすると全画面表示になります。

 

p001

 

画面上部をタップすると薄い緑色のバーが表示されてリボンが表示されます。

マウスを使う場合は、マウス ポインターを合わせてバーが表示されたらクリックします。

p002

私はなるべく広い画面で作業がしたいので、これ、いいかも♪

 

だからなのか、デフォルトのリボンには [全画面表示の切り替え] コマンドが表示されていません。

[全画面表示の切り替え] コマンドによる全画面表示はリボンが表示されないので、

編集作業には向きませんが、アプリケーション共有やプレゼンで利用することもあります。

頻繁に使われる方は、クイック アクセス ツールバーやリボンに [全画面表示の切り替え] を追加しておくとよいですね。

p003

 

-Kanoko Ishida

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中