Windows 8 & Office 2013 -PowerPoint 2013 -図形の結合-

石田です。

毎日 Windows 8 と Office 2013 にていろいろと試していますので、

旧バージョンとの比較を含めたエンド ユーザー目線での機能や使い方などを書きます。

 

■PowerPoint 2013 [図形の結合]

図形の結合は、Visio 2010 でいう [合成処理] と同様に、2 つ以上の図形を結合して 1 つの図形にしたり、
重なっている部分だけを抽出して別の形の図形を作成したりできる機能です。

 

PowerPoint 2013 でも、5 種類の図形の結合ができるようになっています。

私のお気に入りは [切り出し] ですが、種類とイメージはこんな感じ↓。

File01

 

2 つ以上の図形を選択して、リボンに表示される [描画ツール] の [書式] タブの [図形の挿入] の [図形の結合] をクリックします。

p001

 

結合の種類にマウス ポインターを合わせると、結合した結果がプレビューされ、種類をクリックすると図形の結合が実行されます。

Visio の場合は、基準となる図形 (太めのピンクの枠線が表示される図形) の書式がその他の図形にも適用されますが、
PowerPoint 2013 の図形の結合の場合は、先に選択した図形、または、上に重なっている図形の書式が適用されるようです。

たとえば、下図では、ドラッグして囲むように 2 つの図形を選択しましたが、赤い矢印の図形が上に重なっているので四角形の書式が赤に変わります。

p002

 

こういう矢印、使いたい場面が多かったんです♪

素材画像もあるのですが、ちょっとした工夫で欲しい図形を自分で作ることができると、探す手間も省けますし、妥協せずに適切な図形を利用できます。

問題は、どれをどう組み合わせたら自分が欲しい図形になるのかを考えられるかどうかですけども。発想力が試されます(^^)

 

-Kanoko Ishida

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中