Windows 8 & Office 2013 -Excel 2013 FORMULATEXT 関数-

石田です。

毎日 Windows 8 と Office 2013 にていろいろと試していますので、

旧バージョンとの比較を含めたエンド ユーザー目線での機能や使い方などを書きます。

 

Excel 2013 では、新しい関数が 50 個ほど追加となるようなのですが、

その中から、私が最初にへぇーと思った関数を 1 つ。

 

■Excel 2013 FORMULATEXT 関数

数式を文字列として返す関数です。

 

今まで、ワークシート分析の [数式の表示] を使ったり、ウォッチ ウィンドウで確認したりしていたのですが、

「このセルに入っている数式だけを確認用に表示したい」というときに、使い方や利用場面の問題だと思いますが、イマイチ小回りが利かなかったのです。

 

FORMULATEXT 関数を使えば、セルに作成されている数式を別のセルに表示できます。

数式バーに表示される数式がそのまま他のセルに表示される、というところですね。

たとえば下図だと、セル C2 の COUNTA 関数の数式がセル C5 に表示されるように、FORMULATEXT 関数を使って数式を作成しています。

p001

 

お仕事柄かもしれませんが、うれしい♪

 

-Kanoko Ishida

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中