SharePoint Outlook 接続をポリシー配布

こんばんは、奥田です。

SharePoint の予定業や掲示板、タスクやライブラリは Outlook 接続が行えます。基本は接続を行いたいユーザー本人が各リストやライブラリでリボンから [Outlook に接続] ボタンをクリックし、自身の Outlook に接続を追加します。
一度追加してしまえばいいとはいえ、なかなかユーザー操作でこれを行ってもらうこと難しいこともあるかと思います。

Outlook 接続情報は、今回の Blog Entry のタイトルどおり、グループポリシーによる展開が可能です。
ご存じの方も多いと思いますが、ちょうど動作確認が必要となったため、やり方をご紹介します。

まず、Office の管理テンプレートをダウンロードします。
(それぞれ Language が English になってますが、DL したファイル内に ja-jp フォルダーがあり、日本語のやつもはいってます)

   – Office 2010 管理テンプレート
     http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=18968
   – Office 2013 管理テンプレート
     http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=35554

1. GPMC を開く

2. [コンピューターの構成] または [ユーザーの構成] 内の [管理用テンプレート] を右クリックし、[テンプレートの追加と削除] を
  クリック。DL した管理テンプレートを追加します。(日本語版を追加したい場合、ja-jp フォルダー内すべて)

3.  [管理テンプレート] の下に追加された [Microsoft Outlook] – [アカウント設定] – [SharePoint リスト] を開き、
   [既定の SharePoint リスト] を編集する

4.  [有効] に変更し、オプション内の [表示] をクリックする

5.[値の名前] に Outlook 上の表示名、[値] に接続先 URL を指定し、[適用]

    – ここで指定する接続先 URL は、リストの URL ではなく、[Outlook に接続] ボタンをクリックした際に表示される
      stssync://sts/?ver=1.1&type=tasks&cmd=add- (省略) の形式のパスです。

以上、奥田でした うさぎ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中