ひと目でわかる SharePoint 2013 サイトカスタマイズ&開発編

IMG_20140409_121320

執筆させていただいた 「ひと目でわかる SharePoint 2013 サイト カスタマイズ&開発編」 の見本誌が届きました。

「カスタマイズ&開発」 をテーマに、次のような内容を解説させていただきました。
SharePoint Server 2013、また SharePoint Online 両方に対応した内容となっています。
  ・ SharePoint カスタマイズ概要、開発概要
     
カスタマイズや開発の概要、開発においてソリューションとアプリの比較、SharePoint オブジェクトモデル
      javascript によるリストアイテムの一覧方法や、ライブラリ内ファイルの合計サイズ表示など。
  ・ サイトのデザイン カスタマイズ
    
– デザイン マネージャーを利用したマスターページ作成
      – リスト ビュー Web パーツのカスタマイズ
      – リスト フォームのカスタマイズ
      – JS リンク
      – ページ レイアウトの作成
      – 検索 表示テンプレートのカスタマイズ

  ・ ワークフロー開発
      – SharePoint Designer 2013 でのワークフロー作成
           ステージの利用、Web サービス呼び出しアクションの利用方法、2010 ワークフロー (アイテムの権限変更アクション
           利用) との相互連携、翻訳機能の利用
      – Visual Studio でのワークフロ作成
           ワークフロー テンプレートの開発方法、Web サービス呼び出しやメール送信アクションの利用方法
           ワークフロー アクションの開発方法 
  ・ ソリューション開発
     
– カスタム タイマージョブの開発
      – カスタム アクションの開発
           サーバーの全体管理に管理メニュー追加、既定のコマンドメニューやリボン内メニューの非表示、
           PowerPoint Conversion Service を利用したメニュー開発
      – 視覚的 Web パーツの開発
      – カスタム フィールド型の開発
           GeoLocation、JS リンクの利用
  ・ SharePoint アプリの開発
     
– フルページ、アプリパーツ、UI カスタムアクション
      – SharePoint ホスト型、自動ホスト型、プロバイダーホスト型
      – アプリ アクセス許可
      – イベント処理
      – Access アプリ

以前のバージョンでカスタマイズや開発を経験されている方で、2013 でのカスタマイズや開発における新機能を知りたい方、これから SharePoint のカスタマイズや開発を行われる方にぴったりな内容だと思います。SharePoint の基本的な内容をご存じの方であれば、カスタマイズ&開発についての初級 ~ 中級くらいまでのレベル感です。

4/16 日に発売されますので、興味ある方はぜひお手にとっていただければと思います。
http://www.amazon.co.jp/dp/4822298108

あわせて、宣伝となり恐縮ですが、
本書の内容に関するオンサイト ハンズオン トレーニング実施も、クリエ・イルミネートにて承っております。
お問い合わせはこちらまで、どうぞよろしくお願いいたします。

奥田うさぎ

広告

ひと目でわかる SharePoint 2013 サイトカスタマイズ&開発編」への5件のフィードバック

  1. いつも、参考になる記事を拝見しております。

    2013を導入しているのですが、
    継続クロールの状態がクロール継続中なのに、現在の状態がずっとアイドルで
    ドキュメントを入れても一向に反映されない状況って遭遇したことありますか?

    この本に書いてあったらうれしいなーーー。

    返信する
  2. ひと目でわかるSharePoint サイトカスタマイズ&開発編を購入させていただきました。SharePointを初めてさわるので、まだ慣れない部分が多くありますが。。ひとまず、SharePoint 2013を導入し、Office Web Appsを使用してExcelを共有しブラウザで編集することを考えております。手探りでいろいろやってみましたが、一つ気になることがありました。外部参照しているブックをSharePointのドキュメントにアップロードしブラウザで開いたところ、「この機能は無効になっています。」と表示されました。Office Web Appsでは外部参照はできないのでしょうか。

    返信する
  3. コメントありがとうございます。

    > you さん
    カスタマイズ&開発がテーマの本なので、検索トラブルについては記載がございませんm(__)m
    もう解決されましたでしょうか??

    >よしひろさん
    本の購入ありがとうございます!!
    Office Web Apps では外部参照は残念ながら未対応です。。
    最後に外部参照で認識された値がブラウザー上で表示され、外部参照の値は Excel クライアントを利用しないと、更新できません。

    返信する
    • ご回答ありがとうございます。未対応なんですね、、外部参照先が10ブックあった場合は、すべてクライアントにダウンロードして1つのブックを更新しアップロードしなおす、ということですかね。Office Web Apps以外の方法で、外部参照を実現できる方法はあるのでしょうか。
      これがクリアされれば、GOが出るはずなので、実現したいです。。

      返信する
  4. すべてクライアントに DL しなくても、外部参照の値を更新したい Excel ファイルのみ、クライアントで開けば、大丈夫ではないでしょうか?

    返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中