SharePoint Designer でカスタム アクション作成するときのリボン内の場所

こんばんは、奥田です。今日は金曜、さらに年内最終営業日という方も多いのではないでしょうか。
弊社も本日が最終営業日、明日からは年末年始のお休みです。

さて、おとつい昨日SharePoint Designer で作成するリボンメニューについて投稿しましたが、今日はそのちょっとだけ応用編です。SharePoint Designer でリスト・ライブラリ ビューのリボン内に表示する場合、既定では、[アイテム] タブの [操作] カテゴリーにカスタム メニューがボタンとして表示されます。
 CALocation1

これは、SharePoint Designer でカスタム アクションを作成する際、[ユーザー設定のアクションの作成] ダイアログ内 [リボンの場所] にそのように既定値が入っているからです。
  CALocation2

この [リボンの場所] の値を次のように変更することで、リボン内に表示する場所を変更可能です。

<設定例>
 CALocation3

   ① [新規] カテゴリー内: Ribbon.ListItem.New.Controls._children
   ②
[管理] カテゴリー内: Ribbon.ListItem.Manage.Controls._children
   ③
[操作] カテゴリー内 : (既定値) Ribbon.ListItem.Actions.Controls._children
   ④
[共有と追跡] カテゴリー内 : Ribbon.ListItem.Share.Controls._children
   ⑤
[ワークフロー] カテゴリー内 : Ribbon.ListItem.Workflow.Controls._children

また、シーケンス番号を変更すれば、各カテゴリー内で一番目 (一番左) に表示されるのが既定ですが、[シーケンス番号] を変更すれば場所も移動できます。
  CALocation4

   ① シーケンス番号 0 (既定値)
  
② シーケンス番号 10
  
③ シーケンス番号 20

ソリューション開発でカスタム アクションをつくるときの、CommandUIDefinition 要素の Location 属性で利用するグループの値が参考になりますね。この記事では、ビューのリボン内に表示するバリエーションをまとめてみましたが、リストフォーム内のリボン内に表示する際は参考にしてみてください。

参考URL
「MSDN既定のサーバーリボンのカスタマイズの場所」
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/office/ee537543(v=office.14).aspx

奥田でした。SPD でメニューを作ってみようシリーズは以上です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中