SharePoint 2013 ライブラリ列と Office ファイル連携 Excel 設定方法

SharePoint ライブラリ列と Office ファイルの連携 Excel の場合のやり方です。

まずは Excel 側の設定です。

1. Excel でテンプレートファイルを作成
   (例として、こんなの↓を利用します、Excel のテンプレートをダウンロードしました)
TemplateExcel1

2. セルとマップしたカスタム プロパティを必要な分作成します。
ライブラリ列に値を反映させたいセルを選択し、名前ボックスに名前を付けます。
TemplateExcel2

※ セルに付けた名前は、[数式] タブの [名前の確認] をクリックして、確認できます。
TemplateExcel3

3.[ファイル] メニュー – [プロパティ] – [詳細プロパティ] をクリックし、プロパティ ダイアログを表示します。
TemplateExcel4

4.プロパティ ダイアログで、[ユーザー設定] タブを開きます。
  プロパティ名を入力し、[内容にリンク] をチェックする。
そして、リンクするセル (名前を付けたセルから選択できる) を指定し [追加] をクリックして、カスタムプロパティを必要な数作成します。
TemplateExcel5

次にライブラリ側の設定です。

1.ライブラリを作成する。
2.[ライブラリ] タブ – [エクスプローラーで開く] をクリックして、ライブラリをエクスプローラーで開く
3.エクスプローラーで開いたライブラリ内の [Forms] フォルダー (隠しフォルダーです) 内に Excel で作成したテンプレート ファイルをドラッグ & ドロップ操作でアップロードする
TemplateExcel6
4.[ライブラリ] タブの [ライブラリの設定] をクリックし、ライブラリの設定画面から [詳細設定] をクリック
5.[詳細設定] 画面の [ドキュメントのテンプレート] に、前の手順でアップロードしたテンプレート ファイルのパスを指定 (ファイル名のみ変更)
TemplateExcel8
Word 編でもここまでは同じですね。ライブラリとの列連携が必要なく、ただテンプレート ファイルを登録するだけだと、設定以上です。

ここからはライブラリ列と Excel 内のカスタム プロパティを連携するための手順です。

6.ライブラリの設定画面から [詳細設定] をクリックし、[詳細設定] 画面の [コンテンツ タイプの管理を許可する] を [はい] に変更します。
7.続いて、ライブラリに列を作成します。
   ※ 列を作成する際に、次の点を注意ください。
Excel に作成したカスタム プロパティと同じ名前の列を作成すること
[すべてのコンテンツ タイプに追加] をオフとすること
(この設定をしたいために、あらかじめコンテンツ タイプの管理を許可しました)

<利用イメージ>

① ライブラリで [ファイル] タブ – [新しいドキュメント] をクリックする
② Excel テンプレートが開く (もちろんテンプレート ファイルを他の方法で共有しても OK)
③ 内容を入力し、ライブラリ内にファイルを保存する
④ ライブラリにファイルが保存され、カスタム プロパティとして設定されたセル内に入力した内容は、対応する列 (プロパティ) に値が入る
TemplateExcel9
本文中の値がライブラリ列に表示されることで、SharePoint の各機能とさらに連携することは、ビューを作成したり、列のデータは Excel にエクスポートできるので集計に利用できたり、メール通知でやってくるメール内にも内容が表示できたり、ワークフローから列の値が利用できたり・・Word と同じです。

Excel の場合は、ドキュメント コンテンツ タイプに列を追加しているわけではないので、ファイルを選択し、[プロパティの編集] を開いても、カスタム プロパティの値はブラウザー上での編集は行えません。
TemplateExcel10

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中