SharePoint Designer でお知らせ 表示フォーム デザイン変更例

SharePoint Designer でお知らせ リストの表示フォームのデザインを次のように変更する例です
<SharePoint 2010 例
>
image

下記手順は SharePoint Designer 2010 のものですが、SharePoint Designer 2013 でもデザインビューは利用できませんが、コードレベルで同様のことは可能です。
<SharePoint 2013 例>
image

■ 参考手順

1.SharePoint Designer 2010 で対象リストの [フォーム] 一覧を開きます。
リボンから [表示用のフォーム] をクリックします
image
2.[新しいリスト フォームの作成] ダイアログが開くので、ファイル名を任意につけ、[OK] をクリックします。
     image
3.作成したリストフォーム (aspx ファイル) をクリックしてエディターで開きます。 [デザイン] モードに切り替えます。
4.表示フォーム内容の上下に [閉じる] ボタンが用意されていますが、フォーム内容が少ない (縦幅がそんなに多くない)
ため、上部の [閉じる] ボタン は削除したいと思います。
[閉じる] ボタンが表示されている行を範囲選択し、右クリック ― [削除] – [行の削除] をクリックします。
5.ラベル部分の列を削除します。ラベル内容を右クリック – [削除] – [列の削除] をクリックします。
image
image
6.[分割] モードに切り替え、デザイン画面内で [タイトル] をクリックし、タイトル欄に相当するソースコードを探します。
image
7.タイトル欄に相当するソースコードを次のように変更します。 

<変更前>
<td width=”400px” valign=”top” class=”ms-formbody”>
<xsl:value-of select=”@Title” /></td>

<変更後>
<td style=”padding:5px”>
<p style=”font-family: Meiryo UI; font-size: 14px; border-bottom: dotted 1px #000088; border-left: solid 8px #000088;padding-left:10px”><xsl:value-of select=”@Title” /></p></td>

8.デザイン画面内で [本文] をクリックし、本文欄に相当するソースコードを探します。
image
9. 本文欄に相当するソース コードを次のように変更します。   

<変更前>
<td width=”400px” valign=”top” class=”ms-formbody”>
<xsl:value-of select=”@Body” disable-output-escaping=”yes” /></td>

<変更後>
<td style=”padding-left:10px; font-family: Meiryo UI;”>
<xsl:value-of select=”@Body” disable-output-escaping=”yes” /></td>

10. デザイン画面内で [有効期限] をクリックし、有効期限欄に相当するソースコードを探します。
11. 有効期限欄に相当するソース コード を次のように変更します。     

<変更前>
<td width=”400px” valign=”top” class=”ms-formbody”>
<xsl:value-of select=”@Expires” /></td>

<変更後>
<td style=”padding-right:20px;text-align:right;font-family: Meiryo UI;”>
有効期限:<xsl:value-of select=”ddwrt:FormatDate(string(@Expires) ,1041 ,3)” /> </td>

12. リボンを非表示とするためスタイルを追加します。リボン内の [ホーム] タブの [詳細モード] をクリックします。
13. ソースコード内で、PlaceHolderBodyAreaClass という ID の ContentPlaceHolder タグ内のスタイル タグに、
スタイルを追加します。(赤字部分)     

<asp:Content ContentPlaceHolderId=”PlaceHolderBodyAreaClass” runat=”server”>
<style type=”text/css”>
.ms-bodyareaframe {
padding: 8px;
border: none;
}
#s4-ribbonrow{display:none;
}
</style>
</asp:Content>

14. 上書き保存します。上書き保存時に、警告ダイアログが表示された場合、[OK] をクリックします。
15. [フォーム] をクリックし、フォーム一覧に戻ります。
image
16. フォームの一覧で、追加したリストフォーム (aspx ファイル) を選択肢、[既定に設定] をクリックします。
image     

動作確認すると、表示フォームのデザインが変更され、表示フォーム内のリボンが非表示となっていることが確認できます。

奥田 Bunny

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中