「Microsoft Azure を利用した ADFS サーバーの構築と運用」 コース提供開始のご案内

今日は新コースのご案内です。

「ADFS サーバーの可用性や DR 対応について学習したい」 というニーズにお応えすべく、新しく Microsoft Azure を利用した ADFS サーバーの構築と運用 (1日) というコースを4月より開催いたします。

● コース概要
  Office 365 のシングルサインオン環境の実装を検討するにあたり、オンプレミスではなく、クラウドの仮想マシンとして ADFS サーバーを構築することは、社内のサーバーを減らしたいというニーズをかなえるだけでなく、災害復旧対応やコスト削減など、多くのメリットをもたらします。

  このようなメリットを享受できるよう、このコースでは、Office 365 の認証などで利用される ADFS サーバーを Microsoft Azure の仮想マシンで運用するために必要な知識を習得いただけます。また、オンプレミスの Active Directory との連携のために必要な VPN 接続や、ADFS サーバーをはじめとするサーバー群の冗長構成、災害復旧対応のための構成を Microsoft Azure 上に構築します。

● 対象者
  – Office 365 の認証環境の構築に携わる方
– Microsoft Azure 仮想マシンを利用した認証環境の設計・実装を検討されているサーバー、ネットワーク管理者の方
– 認証環境の高可用性や DR 対応を検討している方

コース開発/講師は、国井 傑 さん (国井さんブログ) です!

Office 365 のシングルサインオン環境を構築するにあたり、オンプレミスではなく、クラウド上にサーバーを構築し、運用したいというニーズは多くなってきていますが、Microsoft Azure の仮想マシンを利用して、ADFS サーバー等を構築するにあたり、可用性や負荷分散、さらにはオンプレミスの Active Directory との連携など、考慮しなければならないことがたくさんあります。また、オンプレミスの ADFS サーバーに対する DR サイトとして Microsoft Azure の仮想マシンを利用したいというニーズもあるでしょう。新コースでは、これらのニーズに対して、そのものずばりを Microsoft Azure の環境に構築する手順を試していただけます。

講師の国井さんとともに、本番環境と同等の環境を構築する実習を行っていただけ、実装のポイントや考慮すべき点を解説、ディスカッションしていただけます!

また実習で利用する Azure テナントは、こちらで用意したものを利用いただくほかに、ご自身でお持ちいただくことで、コース内で構築した環境をそのまま今後の検証にも役にたてていただけます。

 

以前よりご提供してきた Office 365 とクラウドサービスの認証ベストプラクティス とあわせて、ぜひご検討ください。またそのほかにも、Office 365 や SharePoint 関連コースを多数開催しております。

以上、ご案内でした。
奥田

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中