「Microsoft Azure を利用した ADFS サーバーの構築と運用」 コース提供開始のご案内

今日は新コースのご案内です。

「ADFS サーバーの可用性や DR 対応について学習したい」 というニーズにお応えすべく、新しく Microsoft Azure を利用した ADFS サーバーの構築と運用 (1日) というコースを4月より開催いたします。

● コース概要
  Office 365 のシングルサインオン環境の実装を検討するにあたり、オンプレミスではなく、クラウドの仮想マシンとして ADFS サーバーを構築することは、社内のサーバーを減らしたいというニーズをかなえるだけでなく、災害復旧対応やコスト削減など、多くのメリットをもたらします。

  このようなメリットを享受できるよう、このコースでは、Office 365 の認証などで利用される ADFS サーバーを Microsoft Azure の仮想マシンで運用するために必要な知識を習得いただけます。また、オンプレミスの Active Directory との連携のために必要な VPN 接続や、ADFS サーバーをはじめとするサーバー群の冗長構成、災害復旧対応のための構成を Microsoft Azure 上に構築します。

● 対象者
  – Office 365 の認証環境の構築に携わる方
– Microsoft Azure 仮想マシンを利用した認証環境の設計・実装を検討されているサーバー、ネットワーク管理者の方
– 認証環境の高可用性や DR 対応を検討している方

コース開発/講師は、国井 傑 さん (国井さんブログ) です!

Office 365 のシングルサインオン環境を構築するにあたり、オンプレミスではなく、クラウド上にサーバーを構築し、運用したいというニーズは多くなってきていますが、Microsoft Azure の仮想マシンを利用して、ADFS サーバー等を構築するにあたり、可用性や負荷分散、さらにはオンプレミスの Active Directory との連携など、考慮しなければならないことがたくさんあります。また、オンプレミスの ADFS サーバーに対する DR サイトとして Microsoft Azure の仮想マシンを利用したいというニーズもあるでしょう。新コースでは、これらのニーズに対して、そのものずばりを Microsoft Azure の環境に構築する手順を試していただけます。

講師の国井さんとともに、本番環境と同等の環境を構築する実習を行っていただけ、実装のポイントや考慮すべき点を解説、ディスカッションしていただけます!

また実習で利用する Azure テナントは、こちらで用意したものを利用いただくほかに、ご自身でお持ちいただくことで、コース内で構築した環境をそのまま今後の検証にも役にたてていただけます。

 

以前よりご提供してきた Office 365 とクラウドサービスの認証ベストプラクティス とあわせて、ぜひご検討ください。またそのほかにも、Office 365 や SharePoint 関連コースを多数開催しております。

以上、ご案内でした。
奥田

Ignite Keynote ライブビューイング感想 & SharePoint 2016 Feature Pack 1!

こんばんは、奥田です。とっても久しぶりな投稿ですが、タイトルどおり技術情報ではありません。

今日、というかもはや昨日ですが、US Atlanta で開催中のイベント Ignite のライブビューイングに参加させていただきました。

https://blogs.technet.microsoft.com/junichia/2016/09/23/%E7%A7%8B%E3%81%AE%E5%A4%9C%E9%95%B7%E3%81%AF-ignite-926-microsoft-ignite-2016-keynote-%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E4%BB%98%E3%81%8D%E4%B8%AD%E7%B6%99%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%81/

月曜の夜遅くにもかかわらず多くの方に視聴いただいていたようで、やはり Ignite Keynote は注目度が違う。
(コメントする役目! と思いながらも、得意分野外の内容が多く、内容を聞き取るのに必死で、あまり解説コメントできなく、、反省してます。。)

とりあえずざくっと思い出せる限りキーワードの箇条書きメモ。
・ digital transformation
・ ML、Cognitive、loT、Analytics といったテクノロジーの活用
MS クラウドサービスはグローバルに信頼性があり、かつハイブリッドシナリオに強く、さまざまなプラットフォームにも対応
   – データセンター数多い 34
   – 国際規格にも対応している
      – 中国でもクラウドサービスを提供している
   –
Fortune 500 企業のうち 85 % が MS クラウド サービスを使っている
   –
Azure VM の XX% (忘れた、、30とかそのくらいだった気がする) は Linux
・ Windows Server 2016、System Center 2016 GA
・ 事例で登場した会社
   – BMW 社 (モバイル アプリとデータ分析機能、Azure 利用)
   – Facebook 社 (O365 利用)
   – ロールスロイス 社 (Azure、Dynamics でサービス提供)
   – Adobe 社 (MS とクラウドサービスにおけるパートナーシップ、Azure 使ってサービス提供)
   – Tyco 社 (Windows Server 利用)
   – アクセンチュア 社 (Windows 10 利用)
・ Visual Studio ファミリーと Azure でクロスプラットフォーム開発
   – VS に Xamarin 搭載
   – Visual Studio Team Services
   – ASP.NET Core
   – Mac 上で VSCode。どんなプラットフォームでもどんな言語でも開発できる
・ Windows 10 セキュリティ機能
   – Windows Defender Advanced Threat Protection
   – Windows Defender Application Guard
Azure ポータルで、VM もオンプレ上のマシンも Windows も Linux も一元的に監視できる Azure モニター
使用率やエラーが表示されているダッシュボード、大容量のログデータも検索、検索結果は可視化され表示
アラート機能も
・ Windows 10 機能
   – インク (OneNote で書いた数式が読み込まれたり、Word 、Illustrator をペン操作したり)
   – Cortana (付箋で手書きしたメモ内容が Cortana で情報表示)
・ Delve で My Analytics
メールの状況、メールや会議に要している時間、仕事上の関連性などが表示、Outlook クライアントにも連携
・ Surface Hub 使ったミーティング。Skype 会議起動して、手書きメモ書いたり、メモを最後に送信。会議終了でメモ等のデータ消える

 

全体通してセキュリティ機能がかなり多めでした。クラウドサービスが普及し、これまで以上にいろんなデバイスを柔軟に使い分けつつ、クラウドに接続して利用していくことが進んでいく中、セキュリティ脅威への対応がさらに強化を求められるのは当然ってことですね。クライアント OS やクラウド サービスに高度なセキュリティ機能が含まれることはもはや当たり前でないといけない、Windows 10、MS のクラウド サービスはそうだ!と。

個人的な次の課題として、Office 365 や EMS のセキュリティ機能ともからめて、もっと理解を深めないといけないなと感じました。

現地時間夕方のもう一つの Keynote で何か別の発表があるかもしれないので見たいなと思いつつ、明日も仕事なのでライブ視聴はあきらめます。

予想通りとはいえ、思ってた以上に Office 365 関連の話は Keynote で出なかったなと思いつつ、Office Blog をのぞいたら!

Announcing Feature Pack 1 for SharePoint Server 2016—cloud-born and future-proof

SharePoint Server 2016 の Feature Pack 1 がアナウンスされてました!11月だそうです。
Office 365 の最新機能やフィードバックが反映され、下記が含まれるそうです

・ 全体管理と PowerShell での管理操作ログ

・ 小規模環境をサポートするよう MinRole の強化
  これうれしいです。可用性考えたら MinRole 構成だと 8台とかなかなか難しいことが多くて、、
  フロントエンド&Distributed Cache ロール、Application & Search ロールというロールが新しくできるそう。
  これにより MinRole でも4台構成が可能になりそう

・ OneDrive の新エクスペリエンス (O365 で提供されている画面と同じやつですね)

・ SharePoint App ランチャーでのカスタムタイル
  アイコン画像、リンク先を指定してカスタム タイルメニューを App ランチャー内に追加可能できるとのこと
  これ、どの単位で設定できるか楽しみです。

・ オンプレ、オンラインのサイト コレクションをまたいだ監査
  Office 365 セキュリティコンプライアンスセンターで、SharePoint Server 2016 のログもあわせて確認できる

・ オンプレ、オンラインで利用できる用語セット

・ OneDrive API 2.0

このあたりの内容が網羅されているセッションも Ignite にあるみたいですねー。

SharePoint 2016、Office 365 新コース開設しました

イルミネート・ジャパン提供のトレーニング コースについて、SharePoint Server 2016、SharePoint Online 対応コースを新たに 8 コース新規開設いたしました。

■ SharePoint Server 2016、SharePoint Online 対応 新コース new 

CI500-H
Office 365 管理 基礎  
Office 365 の管理を担当する IT 部門の方を対象に、Office 365 の管理を行う上で必要な基礎知識を解説します。
Office 365 で提供される機能の理解、管理センターの利用方法、ユーザー管理や Skype や Exchange 等各機能に対する全般設定についてを理解します。(1日)
CI601-H
SharePoint 2016
サイト構築 基礎
SharePoint Server 2016、SharePoint Online が対象です。

SharePoint に関わるすべての方を対象に、SharePoint 管理・サイト構築の基礎知識を習得いただけます。(2日間)
✔  ブラウザー設定のみで行えるサイト構築方法の習得に
✔ 上位コース (CI602-H、CI604-H、CI605-H、CI611-H、CI612-H) を
    ご受講いただく前の前提知識習得に

CI602-H
SharePoint
ポータルサイト 構築テクニック
SharePoint Server 2016、SharePoint Online が対象です。
(SharePoint Server 2013 でも、コース内でご紹介する9割の内容は活用いただけます)

SharePoint を利用してポータルサイトを構築する際のテクニックを解説します。
機能選定から、ページ編集のコツ、ページ編集時に役立つ Tips、さらにデザイン カスタマイズの Tips まで、"ポータル構築" にフォーカスした実践的な内容をご紹介します。また実習時に作成したデザイン テンプレートはお持ち帰りいただけます。(1日)

CI604-H
SharePoint Designer 2013 による ワークフロー構築
SharePoint Server 2016/2013、SharePoint Online が対象です。

SharePoint Designer を利用し、ワークフロー構築について習得いただけます。
自動メール送信、複数メンバーによる内容チェック、段階的な承認フロー、回覧など、サイト内処理の自動化をワークフローで実現する方法を解説します。(1日)

CI605-H
SharePoint
Visual Studio による
アプリ開発
SharePoint Server 2016/2013、SharePoint Online が対象です。

SharePoint API の扱い方から、SharePoint アドインのホスティング方法やアプリ認証、展開まで、SharePoint アドイン (SharePoint Add-ins、SharePoint アプリ) の開発手法を習得いただける開発者向けの内容です。
(2日間)

CI611-H
SharePoint 検索機能を
活用したサイト構築
SharePoint Server 2016/2013、SharePoint Online が対象です。

検索機能のしくみを理解し、下記を行う方法を解説します。(2日間)
・ 検索画面の設定変更、表示カスタマイズ
・ 独自検索画面の作成方法
・ 検索機能を利用した、データの集約表示

CI612-H
JavaScript、CSS による
SharePoint カスタマイズ
テクニック
SharePoint Server 2016、SharePoint Online が対象です。
(SharePoint Server 2013 でも、コース内でご紹介するほとんどの内容は活用いただけます)

SharePoint サイト構築時に、JavaScript や CSS を用いて画面デザインや機能のカスタマイズを行う方法について、基礎から役立つ Tips まで解説します。
ほんの数行から数十行のコードで、外観や動作をカスタマイズし、組織・ユーザーニーズを実現する方法として活用いただけます。

■ SharePoint Server 2013 対応 新コース

CI310-H
SharePoint 2013
サイト構築 基礎
SharePoint Server 2013 が対象です。(CI601-H の SharePoint Server 2013 版です)

SharePoint に関わるすべての方を対象に、SharePoint 管理・サイト構築の基礎知識を習得いただけます。(2日間)
✔  ブラウザー設定のみで行えるサイト構築方法の習得に
✔ 上位コース (CI602-H、CI604-H、CI605-H、CI611-H、CI612-H) を
    ご受講いただく前の前提知識習得に

■ SharePoint Server 2013 既存コースに対する変更

CI301-H
SharePoint 2013
サイト構築ベーシック
こちらのコースは 2017年2月が最終開催です。
2017年3月以降は、CI310-H SharePoint 2013 サイト構築 基礎 とコース名が変更となります。
CI303-H
SharePoint 2013
サイト デザイン開発
変更なし

SharePoint のサイト デザイン開発方法を解説します。  

CI304-H
SharePoint Designer 2013 ワークフロー構築
コース ID を CI604-H と変更します。 
また変更に伴い、対象製品が、SharePoint Server 2016/2013、SharePoint Online になります。
CI305-H
SharePoint 2013
Visual Studio による
アプリ開発
コース ID を CI605-H と変更します。 
また変更に伴い、対象製品が、SharePoint Server 2016/2013、SharePoint Online になります。
CI311-H
SharePoint 2013
検索機能の理解とカスタマイズ
コース ID を CI611-H と変更します。 
また変更に伴い、対象製品が、SharePoint Server 2016/2013、SharePoint Online になります。

日程や詳細は下記をご覧ください。
  ・ SharePoint 2016 対応コース 一覧
  ・ Office 365,SharePoint Online 対応コース 一覧
  ・ SharePoint 2013 対応コース 一覧

またすべてのコースは個別開催も受け付けております。
ご受講お待ちしております。

社名を変更いたしました。

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
株式会社クリエ・イルミネートは、2016年7月より社名を、「株式会社イルミネート・ジャパン」 に変更いたしました。
またそれに伴い、当ブログの名称を 「イルミネート・ジャパン ブログ」 と変更させていただきました。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

  新社名   株式会社 イルミネート・ジャパン
     ・ 新会社 Web URL      : http://www.illuminate-j.jp  (旧 URL : http://www.crie-illuminate.jp)
・ 新メールアドレス ドメイン : @illuminate-j.jp  (旧メールアドレス ドメイン : @crie-illuminate.jp) 

  ※ 住所・電話番号の変更はございません。
※ 2016年7月以降も Web サイトや印刷物に、一部旧社名が記載されている場合がございます。
新社名へお読み替えいただけますようお願いいたします。

「SharePoint 導入・活用コンサル 体験セミナー」 追加開催決定しました

先日品川にて実施させていただいた  「SharePoint 導入・活用コンサル 体験セミナー」  につきまして、ご好評のため追加開催をさせていただきます!

SharePoint 導入・活用コンサル 体験セミナー
  ・ 日時 : 2016年6月17日 (金)
・ 場所 : 品川 (AvePoint 社 東京オフィス)
・ 受講料: \30,000 (税別)
・ 主催: 株式会社クリエ・イルミネート  (AvePoint Japan 株式会社 協賛)
 ・ セミナー概要
  SharePoint は機能が多く、利用用途が多岐にわたるため、”成功した導入方法” や “活用方法” を知りたいといった要望が多いのではないでしょうか? SharePoint の導入・活用コンサルを数多く行う AvePoint とクリエ・イルミネートのコンサルタントが、SharePoint の活用に成功した組織は、「実装から運用にいたるまで」 をどこからはじめて、どのように行ったのかを、実際に行ったコンサルからノウハウを凝縮してお伝えします。

  次のような方におすすめです。
–  これから Office 365 の導入を検討されている組織の方
–  Office 365 や SharePoint Server を導入しているが、SharePoint を活用しきれていないと感じている組織の方
–  SharePoint を活用するための、導入手順がわからない組織の方

また参加特典として、AvePoint、クリエ・イルミネートが利用する 「SharePoint 導入・活用コンサル用テンプレート」 をお持ち帰りいただけます。

  ※ 本セミナーはユーザー企業の方を対象とさせていただいております。競合/同業他社となるお客様のご受講はお断りさせていただくことがございます。

 詳細、お申込みはこちらよりお待ちしております。

SharePoint 導入・活用コンサル 体験セミナー のご案内

こんにちは、今日はセミナー開催のご案内です。
AvePoint 社と共催で、下記セミナーを開催いたします。

「SharePoint 導入・活用コンサル 体験セミナー」 
  ・ 日時 : 2016年6月17日 (金)     
  ・ 場所 : 品川 (AvePoint 社 東京オフィス)
  ・ 受講料: \30,000 (税別)
 

  ・ セミナー概要

  SharePoint は機能が多く、利用用途が多岐にわたるため、"成功した導入方法" や "活用方法" を知りたいといった要望が多いのではないでしょうか? SharePoint の導入・活用コンサルを数多く行う AvePoint とクリエ・イルミネートのコンサルタントが、SharePoint の活用に成功した組織は、「実装から運用にいたるまで」 をどこからはじめて、どのように行ったのかを、実際に行ったコンサルからノウハウを凝縮してお伝えします。


  次のような方におすすめです。
    -  これから Office 365 の導入を検討されている組織の方 
    -  Office 365 や SharePoint Server を導入しているが、SharePoint を活用しきれていないと感じている組織の方 
    -  SharePoint を活用するための、導入手順がわからない組織の方

また参加特典として、AvePoint、クリエ・イルミネートが利用する 「SharePoint 導入・活用コンサル用テンプレート」 をお持ち帰りいただけます。

  ※ 競合/同業他社となるお客様のご受講はご遠慮いただいております。

詳細、お申込みはこちらよりお待ちしております。

Visio : Visio 2016 は IRM が使えます!

 

石田です。

Office 2016 がリリースされました。

こちらに新しい機能の概要が載っているので、この内容をベースに Visio 2016 の新しくなった機能を簡単に画面ショットつきでまとめてみました。

 

■ スターター ダイアグラム (図面)

Visio では基本的に、図面を新規作成をしたときには、ページ上は真っ白で図形は配置されていませんが、Visio 2016 では、[基本フローチャート] や [詳細なネットワーク図] などの一部のテンプレートに「スターター ダイアグラム」というサンプルが用意されていて、サンプルの図面やちょっとした編集のヒントがページ上に描かれています。

このままこの図面で完成!っていうわけにはいかないですが、作成の参考にはなりますし、合わせていくつかのヒントが記載されているので、あまり詳しくない方にもやさしいかな、と思います。

starter

 

■ 操作アシスト

Visio に限らず、Office 2016 には操作アシストという操作や設定の支援機能があります。

「実行したい作業を入力してください」と書いてある操作アシストのボックスに、やりたいことや知りたいことを入力すると、候補が表示され、設定のオン / オフを実行できたり、設定画面が表示されたり、ヘルプへの誘導が表示されたりします。

たとえば、、、

Visio で [図面の保護] の設定をするとき、リボンの [開発] タブを表示して、[ドローイング エクスプローラー] からダイアログ ボックスを表示するのが一般的なのですが、[開発] タブを表示していなくても、キーワードを入力してダイアログ ボックスを表示したりできます。

"調べたい" ときと、どこにあるのかは知ってるけど "こっちのほうが早い" ときと、使う理由はさまざまですが、ちょっと賢いヘルプとして活躍してくれそうな気がします。

ただ、、、どんどん私がモノを覚えなくなるような不安もあります。。。

telllme

 

■ クイック インポート

もともと Visio にはデータ リンクという機能があって、Excel や Access、SharePoint リストなどのデータを図面にインポートして、図面ページ上の図形とリンクし、図形データとして格納する、という機能があります。

大まかな手順として、

1. データをインポートする

2. 図形にデータをリンクする

3.(必要なら) データ グラフィックを設定する

という操作を行います。

Visio 2016 では、データソースが Excel の場合に限って、「データをインポートして、なおかつ、図形のテキストと一致すればリンクまでやりますよ。データ グラフィックもつけます。」という機能が追加されています。

 

たとえば、Visio で作成した座席表と Excel で作成した社員のデータがあるとします。

 

quick

 

クイック インポートを実行してデータソースとなる Excel ブックを指定すると、こんな感じ ↓ でインポートや図形とのリンクが実行されます。

もちろん今までどおりのウィザード形式の手順での実行も可能ですので、「これだったらクイック インポートで OK かな」というときに使うものでしょうね。

そもそもインポートしたいのが Excel ブックのデータではないとか、取り込む列や行を指定したいという場合は [ユーザー定義のインポート] から、今までと同じようにウィザードで実行し、図形とのリンクを行います。

quick2

 

■ データ グラフィック

データ グラフィックは Excel の条件付き書式のような機能です。

"図形データ" に登録されている情報を使って、図形のそばに文字列を表示したり、図形の色分けをしたり、アイコンを表示したりできる機能です。(こちらでも紹介しています。)

Visio 2016 では、データ グラフィックの設定がしやすくなっていたり、グラフィックの種類が少し増えたりしています。

(この色がいいかどうかは別として) 座席の色を部署ごと色分けする設定をしてみました。
色が気に入らなければもちろん編集できます。[編集] からアクセスしたダイアログ ボックスは Visio 2013 と同じです。

datagraphic

 

■ IRM の適用

やっと!Visio でも IRM (Information Rights Management) が利用できるようになりました。

IRM の詳細はここには書きませんので、このあたりでご覧ください。

意図しない図面の持ち出しに対して、印刷の制限などの要望が多かったので、Visio 2016 を使う一番大きなメリットかもしれません。

IRM

 

 ■ 図形のデザインが少しかっこいい&増えている

一部の図形、特にフロアプランや用地計画などで利用されるステンシルの図形のデザインが新しくなっていました。

下図は、[オフィス レイアウト図] テンプレートで、机やテーブル、植木なんかを配置した図面です。

同じシェイプを使っていますが、Visio 2013 と Visio 2016 ではデザインに違いがることがわかります。

これが、「モダンになりました。」ということなのですね。

あと、、、[オフィス用アクセサリ] ステンシルにビリヤード台や卓球台なんていうシェイプが増えていたので、ビリヤード台を置いてみました♪

stencil

 

まだまだこれから Office 2016 全体を見ていかねばなりませんが、まずは Visio 2016 の新しい機能のご紹介でした。

 

-Kanoko Ishida