SharePoint 今月のデータをビューに表示したい

列の値 (日付型) を利用したビューにおけるフィルター設定について 「今月のデータを表示したい」 場合です。

基本

 日付型を利用してフィルターしたビューを作成する場合、フィルター条件でよく [Today] 利用するかと。[Today] には足し算引き算もできますよね
image

今月のデータをフィルター表示したい場合

フィルター条件で、今月の日付かどうかを直接判断する方法がないため、あらかじめ日付型の列をベースに集計列を2個作っておきます。両方とも [この式から返されるデータの種類] は [日付] にしてください。

   ・  当月開始日      =DATE(YEAR(日付列),MONTH(日付列),”1″)

   ・  当月終了日      =DATE(YEAR(日付列),MONTH(日付列)+1,0)

image

ここまでできたら、あとはビューのフィルター条件において、[Today] でなんとかなりますね。
image

集計列の数式を工夫すれば、先月のデータとか今年のデータとかも同様にできます。

以上です。

奥田 Bunny

広告

SharePoint Online/SharePoint Server 2013 – 集計列で利用できる関数

ここ最近、よくいただく質問から第5弾です。


■ 質問内容

  集計列っで利用できる関数一覧ってありますか?

■ 回答

MSDN だとこれがわかりやすいかと。 [集計フィールドの数式]
 
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/office/bb862071(v=office.14).aspx

また当 Blog では以前こんな記事をご紹介しました。

  ・ SharePoint 集計列 Tips (TEXT 関数による日付のフォーマット) 
  ・ SharePoint 集計列 列の表示デザインに使ってみる

その他集計列 利用例

image

① 日付の列を利用して、会計年度を表示

        =IF(DATE(YEAR([日付の列]),4,1)>日付の列,YEAR([日付の列])-1,YEAR([日付の列]))&"年度"

② 更新日時と登録日時を利用して、更新されたデータをチェック & ③ HTML を表示

       =IF([更新日時]>[登録日時],"<img src=’/_layouts/images/star.gif’/>"," ")

    ※ HTML として表示したいため [この式から返されるデータの種類] は 「数値」 を選択してください。

以上、集計列についてでした。 奥田Bunny

SharePoint 集計列 列の表示デザインに使ってみる

集計列ってみなさん、使ってますか?
数式が書ける列ですが、まず思い浮かぶのが四則演算かなと。でもこれ、実際にはほとんどやりませんよね?
足し算引き算で計算したいのは、複数アイテムをまとめた結果なことがほとんどで、1アイテム内での四則演算ってあんまりやりたい時がないと思います。当然関数も含めた数式が書けるので、いろいろ使いどころはあります。

私が実際によく使うのは、日付や数値データの表示フォーマットです。
参考:「SharePoint 集計列 Tips」 (だいぶ前に UP した記事です)

今日は、集計列を使って、列の値の表示デザインを行う Tips を2つほど。
 集計1

例①  達成率をバーで表示

<前提>
   達成率 – 数値 : 最小値 0 最大値 100 パーセンテージで表示 (タスク リストの既定の列)

<作成する列>
   任意の名前 – 集計値
   数式:

=CONCATENATE("<div style=’background: #F0F8FF; width: 100px; height: 100%;text-align:left’><div style=’width:",[達成率 (%)]*100,"px; height: 100%; background-color: #000080;color:#000080;’/>",0,"</div></div>")

   この式から返されるデータの種類 : 数値

例② 優先度を色分け表示

<前提>
    優先度 – 選択肢 : (1) 高、(2) 標準、(3) 低 (タスク リストの既定の列)

<作成する列>
    任意の名前 – 集計値 
   
数式:

=IF(優先度="(1) 高",CONCATENATE("<div style=’background: red; border-radius: 10px;color:white;text-align:center;’>高</div>"),IF(優先度="(2) 標準",CONCATENATE("<div style=’background: blue; border-radius: 10px;color:white;text-align:center;’>標準</div>"),IF(優先度="(3) 低",CONCATENATE("<div style=’background: pink; border-radius: 10px;color:white;text-align:center;’>低</div>")," ")))

    この式から返されるデータの種類 : 数値

奥田 うさぎ

SharePoint 集計列 Tips

おはようございます 晴れ 奥田です。

SharePoint で、リストやライブラリに列を作成する際に利用できる集計列の Tips として、
作成日時や更新日時、また入力された日付をフォーマットして表示する方法です。

たとえば、下図のように [入力した日付] 列を さまざまなフォーマットで表示できます。
トップページ等にWeb パーツで表示する際にもこのような列があれば便利ですよね。
集計①

**年**月 =TEXT(入力した日付,”yyyy年mm月”)
**年**月**日 =TEXT(入力した日付,”yyyy年mm月dd日”)
**年**月**日(*) =TEXT(入力した日付,”yyyy年mm月dd日(ddd)”)

 

奥田 うさぎ