Windows 8 & Office 2013 -リボンの表示オプション-

石田です。

毎日 Windows 8 と Office 2013 にていろいろと試していますので、

旧バージョンとの比較を含めたエンド ユーザー目線での機能や使い方などを書きます。

 

■Office 2013 のリボンの表示

Office 2007 から利用しているリボンですが、少しずつ進化しているみたい。

タッチ操作のことを考慮したり、「見る」「読む」ということに重点をおいていたりするのかもしれませんが、

Office 2013 のリボンは、表示オプションに 1 つ追加があるようです。

 

Office 2007 と 2010 では、展開か折りたたみ (タブ名だけが表示されている状態) かのいずれかでしたが、

Office 2013 は、[リボンを自動的に非表示にする] に設定することでタブ名も非表示になる全画面表示にして、

必要なときにだけ、リボンを表示できます。

 

[リボンの表示オプション] をクリックして [リボンを自動的に非表示にする] をオンにすると全画面表示になります。

 

p001

 

画面上部をタップすると薄い緑色のバーが表示されてリボンが表示されます。

マウスを使う場合は、マウス ポインターを合わせてバーが表示されたらクリックします。

p002

私はなるべく広い画面で作業がしたいので、これ、いいかも♪

 

だからなのか、デフォルトのリボンには [全画面表示の切り替え] コマンドが表示されていません。

[全画面表示の切り替え] コマンドによる全画面表示はリボンが表示されないので、

編集作業には向きませんが、アプリケーション共有やプレゼンで利用することもあります。

頻繁に使われる方は、クイック アクセス ツールバーやリボンに [全画面表示の切り替え] を追加しておくとよいですね。

p003

 

-Kanoko Ishida

広告

OneNote 2013 新機能と SharePoint 連携

こちらもアプリケーションとしての機能と SharePoint 連携についてです。

OneNote を起動すると、OneNote 取り込みツールが一緒に起動します。画面の領域を利用すると、画面から切り取ったショットを OneNote 内に取り込めるので便利です。
one1

PrintScreen をとってペイントに張り付けて、ほしい部分だけ切り取ってと、だいぶ作業が短縮できます。これ、PowerPoint でもつかえればいいのに!と思ってしまいました。

また Excel や Visio を取り込む機能も強化されており、Excel や Visio の内容を各アプリで開いているときと同様に表示でき、編集も行えるようになってます。
one2
one3

SharePoint 連携機能については、Office Web Apps があれば OneNote Web Apps が利用できるため、ノートを複数人で共有して同時に書き込みも行えます。(うちの会社ではこれを会議の議事録として使ってたり)

one4

またサイト機能を確認すると、 [サイトのノートブック] というものが確認できます。
one5

これはなんだろう? とアクティブ化してみると、
サイド リンク バーに [ノートブック] とリンクが用意され、クリックすると OneNote Web Apps でノートが開き、チームサイト内のメンバー間で自由に利用できるノートへのリンクを提供できるようになるようです。
サイトのリソース ファイル ライブラリにノート ファイルが用意され、そのファイルへのハイパーリンクなだけのですが。
one6

奥田理恵うさぎ

 

InfoPath 2013 & Access 2013 新機能と SharePoint 連携

第4弾は InfoPath & Access です。

InfoPath は 2003 からずっとおいかけていて、このブログでも InfoPath ネタ割合は多いですし、書籍も書かせていただいたりと個人的に LOVE な製品なのですが、2013はちょっとがっかりしました。。
新機能はドコナノー? という感じです。

関数も変わってないし、、(XSLT関数をかかなくてもいいようにあれこれ追加してほしかった)
繰り返し構造のコピーとか動作規則でできるようになったり、もひとつだった印刷面とか、、Oracle とかサポートするデータ接続先の追加とかいろいろあったはずなのに。。

1点みつけた変更点としては、コードエディターです。
VSTA が付属していたこれまでとは違い、Visual Studio を利用するように変わっています。
In

SharePoint のリスト フォームをカスタマイズする際に、管理メタデータ列との連携も、、これまでどおりサポートせずです。SharePoint の管理メタデータ自体はあれこれ機能UPしたうえに、他の機能との連携部分も増え、これまで以上につかいどころが増えそうなのに。。

ということで、InfoPath 2013 は 「これまでと同じように」 フォームを作成でき、SharePoint と連携できるようです。

Access はそれに比べて Big Change があります。

SharePoint 2010 より Access Services が搭載され、Access で作成した accdb が SharePoint サイトに変換される機能が追加されましたが、Access Services のアーキテクチャーが変わりました。これまでよりもかなりポテンシャルを秘めた機能になると感じています。

SharePoint 2010 の Access Services はアクセスで作成したデータベースを SharePoint サイトに変換してくれる機能でした。テーブルは SharePoint リストに、クエリやレポートはページに、フォームはリスト フォームに。という感じです。SharePoint 2013 の Access Services はデータベースを App for SharePoint に変換します。つまり! SharePoint リストを利用しません! テーブルは SQL Server 上のテーブルになります。これまでのように SharePoint リストにデータが入ることにより大容量データ格納への心配もパフォーマンス面の懸念もなくなります。アプリ全体のパフォーマンスも向上しています。

また SQL Server のデータベースになるというこてゃ、データベースに外部アプリから直接アクセスすることももちろん可能です。Access を SharePoint サイト作成ツールとして活用する面でも、Access データベースを Web 化して管理面やスケーラビリティをUPさせる面でも、2010 より便利に活用できると思います。

<Access Services 2013 のテスト手順>
1. Access 2013 を起動する
2. [カスタム Web アプリケーション] を選択
Ac1

3.アプリケーション名をつけ、Web 上の場所に SharePoint サイトの URL を入力し、[作成] をクリック。
Ac2

4.Access でデータベースを作成する画面になります。
テーブルの追加で、Issue で検索し、検索結果からさらに選択
Ac3

5.テンプレートによ複数テーブルやフォームが作成されていることが確認できます。
(今回はテスト手順のため、テンプレートのままとします)
Ac4

6.[アプリケーションの起動] をクリック
7.App for SharePoint に変換されたデータベース内容を確認できます。
Ac5

<おまけ>
Access データベースを作成したときに指定した SharePoint を開き、[サイト コンテンツの表示] を開くとそのサイト内のアプリケーション (リスト、ライブラリ、App for SharePoint) として表示されていることが確認できます。
Ac6

[サイト コンテンツの表示] より作成した Access アプリケーションを開き、URL を確認すると、そのサイト内に作成されているわけではなく、App for SharePoint と同じようにサブドメイン上に作成されていることも確認できます。
Ac7

ちなみに、テストしたあと Access アプリを消したい場合は、[サイト コンテンツの表示] より行えます。
Ac8

以上、びっくりするくらい変化がない InfoPath と、Access Service がステキになった Access についてでした。
私も InfoPath よりも今後は App for SharePoint を注目していきたいなと。。

奥田理恵うさぎ

PowerPoint 2013 新機能 Overview (SharePoint 連携)

さて Excel、Word につづき、第3弾 PowerPoint です。
個人的にはここ何日かセミナー用の PPT 作りまくり Days を PowerPoint 2013 Preview とともに送っているのですが、2010 を普段使っている人はなんのストレスもなく使いこなせると思います。イコール大きく画面や機能が変わっていないということなのですが、Word と同じく地味に便利機能がちょこちょこ追加されている印象です。

● ノートやコメント領域のメニュー
ノートもコメントも以前から利用できる機能ですが、ノート領域やコメント領域の表示/非表示を切り替えるメニューがわかりやすい箇所に。これらの領域が必要ないときは、下部のボタンクリック一発で非表示に。 コメントの返信もレビュー作業時に便利です。
PP13_1

左サイドのアウトライン表示で、コメントがついているスライドがもっとわかりやすくしてくれれば、さらにステキやわ、と思ってみたり。

● 発表ツール
スライドショーを行っている際に、右クリックから [発表者ビューを表示] をクリックするとノート部分や次のスライド内容を表示してくれる画面に切り替わります。まだ使ったことないのですが、今度しゃべる際に使ってみたいと思ってます。
PP13_2

レーザーポインターや、
PP13_3

拡大も。
PP13_4

● 図形の位置
図形を並べる際に等間隔の目安表示してくれる機能も。
PP13_5

● 保存形式
動画として保存する際に、従来の wmv だけではなく、mp4 も増えてます。

続いて SharePoint の PowerPoint 連携機能ですが、新しい機能が追加されています。

Word Automation Services の PowerPoint 版である、PowerPoint Automation Services です。PPT を PPTX に変換したり、PPTX を PDF へ変換したり、それ以外にも下記フォーマットが対応しています。
変換元 : PPT、PPTX
変換後 : PPTX、PDF、XPS、JPG、PNG

この機能を活用して、PPTX を PDF に変換するためのカスタム メニューを開発したり、プリンターと連携する機能として開発など、Word Automation Services と同様に利用できる機能です。
参考:http://msdn.microsoft.com/en-us/library/office/fp179894(v=office.15).aspx

奥田理恵うさぎ

Word 2013 新機能 Overview (SharePoint 連携も)

Office & SharePoint 2013 Preview シリーズ第2弾は Word です。まずはざっと Word 単体の機能を。

● 閲覧モードがパワーアップ!
閲覧モードに切り替えると、ページめくりを行うメニューが左右に表示されます。
Wd13_1

また画像クリックでその画像を拡大表示も。
Wd13_2
両方ともタブレットなどでのタッチ操作を意識した感じですね。

● 前回閲覧した位置を記憶
こちらも閲覧モードを利用している際に便利な機能で、個人的にお気に入りです。大長編のドキュメントを読んでいる際や内容チェックしている際に、前回読んだところを覚えていてくれます。いったんファイルを閉じて、再度開いた際に下図のように、前回の続きをすばやく開くためのメニューを表示してくれます。
Wd13_3

● コメントに返信
コメントの表示もすっきりしています。コメントが付けられた箇所には吹き出しマークが表示され、コメントに対する返信もできるようになっていますね。
Wd13_4

続いて、文章編集機能についてです。

● 図形のレイアウト オプション
図形を配置した際に、レイアウト設定について簡単に行えるメニューが表示されるようになってます。Word 2013 Preview を最近使ってますが、編集機能はさほど変わっていないような印象です。もしかすると私が気が付いていないだけで、図形のレイアウト オプションみたいなちょっと便利なメニューがほかにもでてくるのかもしれません。。
Wd13_5

● オンラインビデオの挿入
リボン内のメニューを見渡して、すぐに気になったのが、コレです。文書内にビデオを埋め込め、Word 内での再生もできるようです。
Wd13_6

Wd13_7

● PDF ファイル編集
PDF ファイルの編集機能が追加されています! Word 2013 Preview を起動し、PDF ファイルを開いて編集し、別名で保存可能です。別名保存時には docx でも pdf でも選択できそうです。PDF ファイルを開くと、フォントが少し変わってしまったりしていますが、コレ便利です!

さて続いて、SharePoint 2013 Preview との連携機能についてです。

● Word クイックパーツ
クイックパーツを利用したドキュメント ライブラリ列とのデータ連携はこれまでと変わらず利用できるようです。

● Document Conversion Services
こちらの Word と連携する機能も特別変わったところはなさそうです。Document Conversion Services を利用すると、Word で作成した文書を SharePoint ページ (発行ページ) に変換できる便利機能です。Word で原稿を書けば、それがそのまま SharePoint のページにできるということです。

2010 にも搭載されていた機能ですが、Word 内に画像ファイルを入れたい場合、リンク挿入しないと、ページに変換した際には画像として認識されず、その点が中途半端な機能だなと個人的に思っていたのですが、そこも相変わらずです。Converter が開発できるので、標準機能よりも便利な Converter が必要ならば、作りましょうということですね、、

● Word Automation Services
この機能も 2010 にも搭載していた機能です。Word文書を別のフォーマットに変換する機能です。たとえば doc → docx や doc → pdf など。機能的に特別変わったところはなさそうですが、アーキテクチャが少し変わっており、以前は Timer で動作していたため変換されるまではある程度待ちが必要でしたが、即時変換実行オプションが利用できるようになっています。

● 機械翻訳サービス
直接 Word と関係はありませんが。翻訳サービスは SharePoint 2013 Preview からの新機能です。その名の通りの機能で、Bing 翻訳を利用しています。サイト内のページ等のコンテンツや、ライブラリ内に保存したファイルの翻訳が行えます!
これまでバリエーション機能等でサイトを多言語対応したとしても、サイト内のコンテンツはまた別のお話しでした。コンテンツ内容は別途翻訳を考慮する必要がありますが、この機能を活用すれば、サイトの各メニューだけではなく、コンテンツについても自動翻訳を行い多言語サイトでそれぞれロケールに沿ったコンテンツ提供も行えそうです。(Bing翻訳を利用しているので、もちろん機械翻訳ですが)

● ブログ投稿
Word 文書をブログ投稿できる機能をつかい、SharePoint ブログに記事を投稿できる機能も同じく利用できます。

以上、Word でした。
総じて、SharePoint 連携まわりは大きく変わったところはなさそうです。

奥田理恵うさぎ

Excel 2013 新機能 Overview (SharePoint 連携も)

さて、Office & SharePoint 2013 Preview シリーズ第1弾は Excel です。

  Excel はスプレッドシートを活用してデータ管理と分析を行うためのものですよね。フォームを作成して入力フォームとして利用されることも多いですが、やはり王道 Excel はスプレッドシートとしての利用です。2013 の新機能もやはりデータ接続まわり、データ分析まわりの機能がほとんどです。

ということで、まずは [データ] タブから。

● [データ] タブ
接続先としてサポートされているのは、2010とほぼ同様ですが、[OData データ フィードからの選択] と [Windows Azure Marketplace から選択] が追加されています。
Ex13_1

● PowerPivot 標準搭載
また 2010 では PowerPivot for Excel というアドオンを合わせて利用することで、標準では作成できないデータ接続を作成したり、別々のシステムからデータ接続して取得したデータを PowerPivot 上でリレーションを作成し、ピボットテーブルでデータ分析!といったことができました。PowerPivot は Excel 2013 Preview では標準搭載となっているようです。既定では表示されませんが、アドオンを有効にすると [POWERPIVOT] タブが表示され、PowerPivot ウィンドウを起動して BigData に対応したインメモリー多次元データベースの作成が行えます。

1.[ファイル] メニュー – [オプション] を開く
2.[アドイン] を選択し、[COM アドイン] の [設定] を開く
[Microsoft Office PowerPivot for Excel 2013] を選択
Ex13_2

3.POWERPIVOT タブが表示される
Ex13_3

では続いて、データ分析やデータ加工面での新機能についてです。

● おすすめグラフ、おすすめピボット テーブル
グラフやピボット テーブルにしたいデータ範囲を指定して、[挿入] タブ内の [おすすめグラフ] や [おすすめピボット テーブル] をクリックすると、データ内容よりいくつかグラフやピボットテーブルの候補を表示してくれます。あとは好きなものを選択するだけで、これまでよりもさらに簡単にグラフやピボット テーブルを作成できる!という機能ですね。

Ex13_4

Ex13_5

● ピボット テーブルでタイムライン
2010 からピボット テーブルではスライサーが利用できるようになりました。同じくデータフィルターを行うためのコントロールとして、タイムラインも追加されてます。Excel Services にも対応しているようです。

Ex13_11

● クイック分析ツール
データ範囲を選択するとクイック分析ツールが利用できます。クイック分析ツール内に表示される [書式] [グラフ] [合計] [テーブル] [スパークライン] タブを切り替えると、リボン内のメニュー操作を行わなくても簡単に分析のためのさまざまな表示を設定できます。

Ex13_6

● グラフ編集機能
グラフを作成後、データラベルを追加したり、軸を切り替えたりする作業もグラフ編集のサポート機能によってこれまでよりも簡単に行えそうですね。行えることは 2010 とほぼ同じっぽいですが、リボンからあちこち作業するよりもわかりやすいし、操作もラクです♪ (あれ??リボンになったときはメニューがリボンにまとまってラクになったって言ってた気がしますが。。さらに直観的になったということで)

Ex13_7

おすすめグラフ、おすすめピボットテーブル、クイック分析ツール、グラフ編集機能も全部なくてもグラフ作成・編集が行える既存機能を便利に使うための新機能ですが、タブレットや Phone を利用した際に、指で操作することを意識した機能のように思えます。

● PowerView 標準搭載
そして! データ加工機能の大型新機能といえば、PowerView の標準搭載です!以前は SQL Server 2012、そして SharePoint で利用できる機能でしたが、Excel 2013 Preview では Excel 標準機能として搭載されています。こちらも PowerPivot と同様でアドオンを有効にする必要があります。(あとクライアント環境に Silverlight インストールも必要です)

1.[ファイル] メニュー – [オプション] を開く
2.[アドイン] を選択し、[COM アドイン] の [設定] を開く
[Power View] を選択
Ex13_8

3.データを選択し、[挿入] タブを開くと [パワー ビュー] ボタンが利用できる

Ex13_9

4.パワービューを利用するためのワークシートが開き、パワービュー機能を利用したビジュアルなレポート作成を

Ex13_10

● ファイルの開き方
あっあと、私が地味に便利だなーと思ったのが、複数 Excel ファイルを開くと別ウィンドウで開くこと!複数ディスプレイを利用して作業してるときにとってもとっても便利です。

● 新関数
関数もいくつか追加されているようです。

参考 Excel 関数
http://office.microsoft.com/ja-jp/excel-help/HA102752955.aspx?CTT=5&origin=HA102809308#_Toc309306719

ENCODEURL 関数 URL 形式でエンコードされた文字列を返します。
FILTERXML 関数 指定された XPath に基づいて XML コンテンツの特定のデータを返します。
WEBSERVICE 関数 Web サービスからのデータを返します。

では続いて SharePoint 2013 Preview との連携機能についてです。

● Excel Services
SharePoint と Excel 連携といえば、Excel Services です。こちらについては大きな新機能はなさそうです。これまでと同様に Excel で作成したデータを Web 上でインタラクティブ操作可能な Web アプリとして表示してくれる機能です。PowerPivot や PowerView など Excel 自体の機能が強化されているため、さまざまな機能を活用したレポートを SharePoint 内に Web アプリとして提供できそうですね。(あいかわらず iqy ファイルのデータ更新がサポートされていないところが気にイリマセンが。。)

1点大きな違いは、ピボット テーブルについては、ブラウザー上で分析軸を変更したりピボットテーブル内容を変更できるようになっています。

Ex13_12

● 外部リストの Excel エクスポート
SharePoint と Excel 連携といえば、2つ目にあげられるのがリストの Excel エクスポート機能です。リスト/ライブラリに蓄積されたデータは Excel エクスポート機能を利用してクロス集計や印刷に適した加工が Excel 上で行えます。この機能が外部リストにも対応されています!

● Excel Services へのプログラム アクセス
2010 では Excel Services のデータにプログラムからアクセスする際には、Web サービスやクライアント サイド オブジェクト モデルが利用できました。2013 ではそれに加えて、Excel Services のテーブルデータを oData でアクセスできる機能が追加されています。より Excel 内のデータにアクセスしやすくなっています。

http://SiteURL/_vti_bin/ExcelRest.aspx/LibraryPath/***.xlsx/OData/TableName

● App for Office の社内設置型カタログ
シリーズ最後のほうで記事を UP しようと思っていますが、Office 2013 のかなり大きな新機能は新しい開発モデルである App for Office です。App for Office はアプリストアがあり、そこからダウンロードしてアプリを利用できる新しいモデルです。

Excel 2013 Preview も App for Office により開発されたアプリを利用でき、 [挿入] タブの [Office 用アプリ] ボタンをクリックで、アプリストアにアクセスできます。パブリックなストアだけではなく、社内公開用のアプリカタログも用意できるようになっており、社内用のアプリストアは SharePoint 上に作成できるようになっています。

Ex13_13

以上! 第1弾 Excel 編でした。 次回は Word な予定です。

奥田理恵 うさぎ

Office 2013 新機能 Overview と SharePoint 連携シリーズ 書こうかな。

こんにちは、奥田です。ここ最近 Office 2013 の検証を最近行い中なので、しばらく Office 2013 の新機能と SharePoint 連携シリーズを書きたいなと思います。Office 2013 の新機能についてはいろんな日本語 Blog や記事で話題に上がっていたり、自習書もありますが。。

   私は 「SharePoint 連携視点をからめつつ」 をキーワードに検証した内容をご紹介できればと思っています。
予定はこんな感じで考えてます。(変更するかもしれません)

<Office 2013 新機能と SharePoint 2013 との連携シリーズ>

1. まずは Excel!
2. 2番目は個人的に一番使う Word
3. PowerPoint
4. LOVE♪ InfoPath
5. OneNote も忘れずに・・


ということで、今日はまず Excel 編 を一緒に UP します。

奥田理恵 うさぎ